アーカイブ

即興でコントを創った方が突き抜ける

先日、コロナワクチンを打ったんですけどね、「次の日、熱が出るかもしれません」って先生から言われて・・・マジかあ・・・まあでも、熱は出なかったんですけど、なんやこの倦怠感はっていう状態が朝起きてからずっと・・もう何もやる気は起きず、午前中はずっと寝ていて、午後から稽古があったのでとりあえず行って、一回セリフ合わせして帰ってきました・・・ずっとだるかったなあ。 

 
ワクチン打った次の日はオフにしましょう。  
 
 
さてさて、この時期は、3月21日から始まる公演『漫才LOVE2』の稽古をやっています。  
 
なんかねえ、これはほんますごいな、という話を今日はしますね。 
 
 
例えば、ショートコントの場面を創るとするじゃないですかあ、その場合、 
 
なんも準備せずにね、なんも考えずにパッとその場で即興でやった時に、けっこうおもろいもんができる、ということが多々あります。 
 
これはね、ほんま、多々あります。 
 
僕は今まで喜劇団R・プロジェクトで20年近く稽古やってきてね、ほんまこういうの多々あるんですよ。 
 
だからけっこうね、僕はこのやり方を多用します。 
 
 
これね、ピンとこないかもしれませんが、
普通やったら、普通やったらね、ショートコントの場面を創る場合、 
 
事前にプランを練る、と思うんですよ。事前に家でプランを練って、細かい人やったら台本にしてきたり、画コンテ描いてきたり、プロット創ってきたりします。 
 
それを頭で何回もシュミレーションして、稽古場に持っていって、演者に説明して、稽古を何回か重ねて創っていくもんやと思うんですよ。 
 
もちろん僕も、場合によってはこの《普通》のやり方で創ることはありますよ。あるんですが、 
 
やっぱねえ、なんも準備せず、なんも考えずにその場でパッとやった方が、どえらいもんができることが多々あるんですよ。 
 
 
これはほんま不思議。 
 
 
まあもちろん、《多々》なので、あまり面白くないもんができることも《まま》あります。まあでも、《まま》です。 
 
《普通》のやり方でおもろいもんを創りあげても100点のネタしかできないですが、《即興》で創った場合は120点のネタができます。これは僕の肌感です。 
  
突き抜けるんですよ。 
 
《即興》で創るとネタが突き抜ける。 
 
考えてネタ創ったら、こんなこと絶対思いつかない、みたいなことをやり出すんですよねえ。ぶっ飛んだ、イカれた、非常識な、型にとらわれない、シュールなことをやり出すんですよ、演者たちが。 
 
 
これはねえ、ほんま毎回不思議には思うんですが凄いことやと思うんですよねえ。 
 
あとやっぱ、《即興》で創るメリットとしては、 
 
家で考えて、台本にして、シュミレーションして、演者に説明して、稽古重ねる、ということを、 
 
全部カットできますからね。 
 
時間と労力をかけずにおもろいもんを創ることができる。
 
 
不思議やねん・・・  
 
 
はい!そんなわけでね、こないだの稽古でだいぶイカれたコントを創り上げました。 
 
『漫才LOVE2』お楽しみに!

《喜劇》と《一発ギャグ》は別もんなんすよ

僕ね、次の作品で《一発ギャグ》をやらなくてはいけなくて…あー、まあ、「やらなくてはいけなくて」とは言っておりますが、脚本は僕が書いたので、自分で自分にやらせてるようなもんです。ドМです。  

 
結論から言うとね、 
 
 
めっちゃムズい…  
 
 
ムズいんですー
 
 
まあ、三つくらいはやろうかなと思って、考えて、やってるんですが、先日スタッフの前で披露しました。 
 
 
クスリともしてませんでした・・・ 
 
 
まあまあ地獄でした。 
 
 
これね、「喜劇団やってんだから一発ギャグで笑わせてみろよ」と、あなたはきっとそう思うと思うんですが、 
 
言い訳します。 
《喜劇》と《一発ギャグ》は別もんなんすよ。いやいやほんまに。 
 
これは別のスキル。 
 
もっと突っ込んだ話をすると、 
《喜劇》と《漫才》も別もんやし、《コント》も別もん。 
 
もちろん、《漫才》もできるし《コント》もできる、ていう人はいるけど、でも基本的にはスキルは別もん。これは両方のスキルを持ってるということ。 
 
僕は残念ながら両方のスキルを持ち合わせていません。 
 
 
何年か前にね、『倉橋勝の喜劇向上委員会』という作品をやったのですが、僕はその時МCをやっていて、喜劇人役の役者の皆さんに一発ギャグを要求したり無茶ぶりしたことを今反省しております。ごめんなさい。 
 
 
うーん…今、苦戦しております。 
 
とりあえずやるしかないので、頑張って、おもろい一発ギャグを考えます。 
 
 
はい!ここで突然お話変わりますが、只今絶賛配信中の『漫才LOVE』のチケット販売が明後日までとなっております。まだチケット購入されてない方は急いでね~。 
 
今年も突っ走ります!よろしく。

チケットはこちら

『漫才LOVE』あと10日でチケット販売終了でーす。急いで~

日本でコロナ陽性者が出て、今日がちょうど三年目らしいです。早っ。 

 
もう三年になるんですねぇ。正直あの頃僕はなめてました。いつものようにニュースがただただ不安を煽ってるだけやろうと。まさかこんな世界が訪れようとは・・・ 
 
当時、僕は東京で演劇活動してたんですけどね、もうそれは、公演中止や延期に追い込まれ、二進も三進もいかない状況でした。 
 
そして今僕は、大阪に来てオンラインで演劇活動してます。 
 
一年が経ちました。大阪に来て。 
 
そしてこのコロナ禍の中、オンライン公演は順調です。 
 
 
今R・プロジェクトは、『漫才LOVE』という作品をオンラインで配信中です。 
2月23日まで配信してます。 
面白い作品になっておりますので是非是非ご覧いただけたらと思います。 
 
笑いあり、笑いあり、笑いありの70分。 
 
初笑いがまだの方はどうぞ。 
 
チケットご購入されて、視聴ページにログインされたら、そこから30日間はいつでも何回でも観れますのでどうぞお楽しみください。 
 
ただね、チケットの販売がもうあと10日で終了してしまうんですよ。なのでね、まだチケットご購入されてない方はどうぞお早めに。 
 
今年も一年笑って過ごしましょう。
 

チケットはこちら

とりあえず今年は『漫才LOVE』

2023年1月4日 あけましておめでとうございます。

寝正月しました。これでもかっていうほど寝正月しました。

まあぼちぼち、動こうかなということで、今ブログ書いてます。

 

とりあえず今年はあ~、

 

『漫才LOVE』です。

 

 

喜劇団R・プロジェクトシュールコメディオンライン『漫才LOVE』です。

 

只今絶賛配信中!

 

2月23日まで配信してます。
ロングランしてます。

 

ただチケットの販売が1月24日までなのでまだ購入されてない方はお早めに。

 

チケットご購入された方は、2月23日までの期間、視聴ページにログインしてから30日間はいつでも何回でも観れますのでどうぞお楽しみください。

 

とりあえず僕は、1月24日までは、[宣伝]ですね。頑張ります!
そうですねえ、まだチケット購入されてない方は先ず、喜劇団R・プロジェクトのユーチューブとTik Tokを観てほしいですねえ。

 

『漫才LOVE』の本編映像をチョイ見せしているので。

 

これね、このチョイ見せ映像を全部観たら、まあ本編映像全部観れちゃいます、みたいなことなんですけれども。そこで済ませる?

 

まあでもそんなねえ?しちめんどくさいことしなくてもねえ?

 

なのでユーチューブ Tik Tokを観て、「おもろそうやな」と思ったら、本編観てください。

 

でわでわ、『漫才LOVE』を今年はよろしくお願い致します。

 

まだまだコロナだなんだあありますが、エンタメで世界を明るく照らしていきましょう!

チケットはこちら

本日『漫才LOVE』本番スタート!

とうとうこの日がやってきました。 

 
お待たせしました。 
 
『漫才 LOVE』 
本日26日から本番(配信)スタートです。 
 
本番(配信)は約二か月間、2023年2月23日までやってます。 
 
が、チケット販売は、2023年1月24日までなのでお早めにご購入ください。 
 
チケット購入して、『漫才LOVE』の視聴ページにログインしてから30日間、24時間いつでも何回でも観ることができます。 
 
 
今年から大阪に活動の拠を移し、オンライン公演を始め、公演中止なども経験しましたが、今回『漫才LOVE』は、けっこう、自信作です。 
 
二人芝居。漫才師たちの葛藤を面白おかしく描いております。 
 
どうぞ観て、笑ってください。

チケットはこちら

あなたにとって初めての衝撃『漫才LOVE』

完成しました・・・とうとう完成しました。 

 
漫才LOVE 
 
 
編集・・三度目の修正でオールOKです。 
 
できた・・・
 
本番(配信開始)が12月26日からなので、まあ、余裕で間に合いましたね。 
 
まだ時間があるので、スタッフ・関係者に本番の映像を観てもらって、意見を聞きたいなと思います。 
 
 
編集した人が言うにはね、 
 
「これはけっこうイケるんちゃいます?」 
 
と、 
 
僕もね、正直、 
 
「イケる」 
 
と思います。 
 
 
基本僕って、自分の作品、自分の演技って恥ずかしくて見れないのですが、今回は見れた。終始ニヤニヤしながら見てた。 
 
前回の『ハニートラップ』よりは全然面白い。 
 
 
オンライン作品は今回二回目なのでまだまだ試行錯誤の日々なんですが、一回経験したのは大きくて、今回クオリティはジャンプアップしました。これは確実に。 
 
オンライン公演の良さって、例えば、今本番の映像を観て、自信が80パーセントだとするじゃないですか。 
 
その80パーセントの自信は基本揺るがないです。 
 
だって、その80パーセントの自信の元である、本番の映像は変わらないので。 
 
揺るがない本番の映像を観てもらうわけなので。 
 
 
劇場公演は違います。 
 
生ものなので。 
 
本番例えば6ステージあったとしたら、6ステージ全て変わります。 
 
役者のパフォーマンスも多少変わるし、音響や照明などのテクニカルも多少変わる。もちろん、お客さんの層や人数によっても変わる。 
 
昼公演、夜公演によっても変わるし、平日、土日によっても変わる。 
 
めっちゃ繊細なんですよ。生ものって。 
 
だからね、稽古で100点のパフォーマンスしたからといっても全然安心できない。  
 
本番変わるから。
 
いや、逆に稽古で100点満点取ると本番怖い。 
 
6ステージ全てウケる、というのはかなり至難の業なんです。 
 
 
だけどオンライン公演は、例えば100点満点の映像を創ったとしたら、その映像はずっと100点満点。 
 
その映像は変わらないので。 
 
その安心感はありますね。 
 
ただ劇場公演の場合は120点を出す場合があるんですよ。いわゆる、 
 
 
爆発 
 
 
それはほんまに快感。  
 
オンライン公演ではどんな快感が待っているのか。 
 
 
喜劇団R・プロジェクトシュールコメディオンライン『漫才LOVE』 
 
あなたにとって初めての衝撃です。 
 
お楽しみに。

チケットはこちら

『漫才LOVE』完成か!?

年の瀬ですね。慌ただしくしてますか? 
 
僕はマイペースで過ごさせていただいております。さてさて、
 
僕がダメを出させていただいた、『漫才LOVE』の映像が、修正されて送られてきました。 
 
よし、 

 
観るのがドキドキです。  
 
もうねえ、基本、自分の作品とか、自分の演技って見れないんですよ。恥ずかしくて。 
 
でもオンライン公演の場合、映像が商品なので、見ないわけにはいかない。 
僕がチエックしないわけにはいかないんです。 
 
まあでもね、見始めると、そうでもない。 
見れますねえ。 
慣れてきたんかな? 
 
 
チエックしました。 
 
 
僕がダメを出したところは全部修正されてました。では、 
 
 
完成 
 
 
といいたいところなんですが、まだちょっと、2か所くらい、修正してほしいところがありました。 
 
うーん、惜しい。 
 
本番(配信開始)までまだ10日ほどあるのでもうちょっと粘ります。いい作品に仕上げます。 
 
まあでもあと2か所なんでね、次送られてきたものが完成品です。きっと。 
 
もうちょっとです。もうちょっとで完成します。 
お待たせしてます。 
 
12月26日~『漫才LOVE』配信開始!
 
どうぞ笑ってください。

チケットはこちら

映像チェックのその前に

がんばれニッポン! 

 
ということで、サッカーワールドカップ盛り上がってますねー。 
決勝トーナメントも楽しみです。 
 
 
さてさて、僕はというと、『漫才LOVE』の撮影を終え、盛り上がってるという表現が合ってるかどうかは分かりませんが、本番(配信開始)に向けて着々と準備を進めてます。 
 
昨夜、『漫才LOVE』の編集した映像が送られてきました。 
今からその映像をチェックするんですがドキドキです。 
 
編集してくれた人の話では、「けっこう面白いものになったんじゃないですか」ということなのでちょっと安心してます。 
 
まあ、最後の仕上げが編集ですからね。 
脚本、演出、役者の演技、撮影ももちろん大事なんですが、この最後の編集で、何割か増しになります。 
 
そしてその編集した映像をチェックする前に今僕はこのブログを書いてます。90年代ミリオンヒットをイヤホンで聞きながら今僕はこのブログを書いてます。目の前にはテレビでさんざんサッカーのニュースをやってます。ブログを書いてます。 
 
マルチタスクです。 
  
ほんまは先に映像チェックをしようと思ったんですが、ダウンロードに一時間くらいかかりそうなので先にブログを書いてます。 
 
ちなみに今僕の耳元にはエブリリトルシングです。 
 
 
本番(撮影開始)が12月26日~ですからね、まだ3週間以上あります。 
このオンライン公演の利点としましては、 
 
映像が出来上がって、本番までの間に、関係者の方々に観てもらって意見が聞ける。そして本番ギリギリまで更に編集を加えてブラッシュアップできる。 
 
これは凄いことですよ。 
 
いろんな人の意見を聞いて、直して、お客様により面白い作品を観ていただくことができる。 
 
宣伝も、本番の映像が出来上がってきてからの方が説得力ありますしね。 
 
本番の映像を2、3分に編集して予告編作ってもいいですしね。 
 
とにかく、宣伝も作品創りもまだまだ頑張っていきます。  
 
 
ダウンロードが終わるまでまだ48分かかりそうです。そして目の前ではずっとサッカーのニュースです。そして今僕の耳元には、 
 
宇多田ヒカルです。

チケットはこちら

「漫才LOVE」が稽古8回で仕上がった理由

さてさて、あっという間に稽古、撮影が終わってしまいました・・・ 

 
 
『漫才LOVE』 今本番に向けて編集作業に入ってます。 
あと僕がやることといえば、集客、宣伝活動です。走り回ります。 
 
 
今日はですね、あっという間に終わった稽古、撮影について、振り返りブログを書こうと思います。 
 
 
レッツ、プレイバック!(だっさー) 
 
 
先ず、あっという間、とは実際どれくらいで稽古は終わったのか? 
 
稽古日数 8日間
撮影日数 4日間 
 
これはですねえ、僕にとっちゃあ、R・プロジェクトにとっちゃあ、凄いことなんですよ。画期的なんです。 
どう凄いのか?  
 
過去のR・プロジェクトの稽古日数 25日間 
 
25日間→8日間
三分の一以下になった。 
 
 
凄い! 
 
 
あと一日の稽古時間は過去6時間~7時間やっていたのを、4時間~5時間に。 
 
で、で、でですよ、撮影なんですが、 
あ、撮影とは、過去の劇場公演に当てはめると公演本番です。 
 
過去の公演本番は4日間プラス仕込み日1日。計5日間、やってました。 
 
過去の本番公演5日間→今回の撮影日4日間 
 
1日減った。 
 
これはねえ、めちゃめちゃ画期的なんです。 
やっぱ一番は稽古日数が三分の一以下になったこと、です。 
 
よその劇団でもきっと、稽古8日間で本番に臨むことはあまりないのではないかと思います。 
 
1か月とか1か月半稽古やってる劇団が多いのではないでしょうか? 
 
ちなみに、僕が初めて出演した劇団は稽古半年くらいやってました・・・ 
 
 
半年て・・・
 
 
今回は8日間・・・ 
 
 
このスピード感! 
 
 
このスピード感を可能にした一番の要因は、稽古前にキャストに脚本を渡して、稽古始まるまでにある程度セリフを覚えていたからだと思います。 
あ、もちろん僕もある程度セリフを覚えてから稽古に入りましたよ。 
 
 
これは早い! 
 
 
あとは今回二人芝居だったので、稽古参加率二人共100% 
厳密に言うと、キャストの一人が、決まってた稽古日が都合が悪くなっても、二人なので、「じゃあ、別日に稽古しよう」と、都合が悪くなって出れなくなった稽古日の代わりに別日を設定する。 
 
100%キャストが稽古参加しているので、稽古の時間に無駄がない。 
 
過去のR・プロジェクトの稽古でいうと、だいたいキャストは8人~10人でやっていました。 
もちろん毎回ではないけど、1人、2人稽古休む人がいる。そうすると誰かに休んだ人の代役をやってもらうことになる。 
 
もっというと4、5人稽古を休むことがある。これはもうまともに稽古ができない。 
 
無駄な時間が出てくる。 
 
 
今回『漫才LOVE』の稽古は、ほぼほぼ無駄な時間はなかった。だから稽古時間も4、5時間で終わったのではないか。 
 
 
それから、撮影日を自在に決めれたこと。 
 
実は元々は、稽古日数は15日間を予定していたんです。(予定していた時点で過去と比べると短い稽古日数を予定している) 
 
15日間稽古して、それから撮影、の予定をしていた。しかし、 
 
 
「作品早めに仕上がったら、早めに撮影しよう、」という話を最初にしていたので、その辺自在に撮影ができた。 
 
劇場公演ではそうはいきませんよね? 
押さえてしまった劇場の日程は当然のことながら変えることはできない。本番を待たずして作品が仕上がったとしてもだ。 
 
しかしオンライン公演ならそれができる。 
 
もっというと、劇場公演だと、基本完璧な仕上がりを目指して稽古をする。 
けど僕がやってるオンライン公演の場合は、7,8割の仕上がりだったら、 
 
 
「もう撮影しようか」 
 
 
ということができる。 
 
あとはOKが出るまで撮影を続ければいいからだ。 
そう、ドラマや映画の撮影をしてるかのように。 
 
劇場公演の本番は基本ミスは許されない。しかし僕がやってるオンライン公演の場合は、ミスがなくなるまで、いい演技ができるまで、おもろい作品ができるまで、リテイクを繰り返していけばいいので。7,8割仕上がってれば、 
 
 
「撮影いっちゃう?」 
 
 
ということになる。 
 
まあでもね、まだまだこの仕組みも改善点があります。 
改善点があるということは、もっと効率よく、スピードが上がるということ・・・ 
 
 
『漫才LOVE』 
 配信がスタートするのは12月26日~です。 
今編集やってもらってます。おもろい作品に仕上げてもらってます。 
どうぞお楽しみに。

チケットはこちら

もう本番始まってますよ

『漫才LOVE』の本番はもう始まってますよ。  

 
えーっと、僕にとって本番というのは、今回『漫才LOVE』はオンライン公演なので、実際の公演(配信)と、撮影、この二つのことです。 
 
そして、もう始まっている本番というのは、撮影、のことです。 
 
ちなみにもう一つの本番、公演(配信)が始まるのは、12月26日~になっております。よろしくお願いします。 
 
 
さてさて、当初の予定では、今回の作品『漫才LOVE』は、70分ノンストップ、ノーカットで撮ってしまおう、ということになっていたのですが、紆余曲折あり、何か所かカット割って、暗転も入れていくことにしました。 
 
で、まだ稽古10回くらいしかしてないですけど、本番(撮影)を始めていくことにしました。  
 
そうですねえ、イメージとしては、テレビドラマや映画なんかの撮影みたいな感じで、1カット1カット撮って進めていく感じですね。まあ、1カット1カットは、『漫才LOVE』の場合は10分程と長いですが・・・  
 
 
やってみると、 
 
劇場公演の本番とはまた違う、緊張、集中ですね。 
 
ただやっぱ、効率はいいです。 
OKが出るまでそのカットを撮り続けていけばいいので。 
 
もう、半分くらいは撮り終えてます。 
 
このペースでいけば、あと2回の稽古で本番(撮影)は終わってしまいます。 
 
ってことはですよ、15回くらいの稽古期間で、本番(撮影)まで終えてしまうことになる。効率はめっちゃいいです。 
 
本番(撮影)がおわったら編集。 
 
まあ編集といってもそこまで時間は要さないと思います。 
 
今月中には、作品は出来上がってくるのではないでしょうか。 
 
早い・・・ 
  
さてさて、今日は昼から稽古(撮影)。 
 
いってきます。 

チケットはこちら