主宰者について

ABOUT主宰者について

喜劇団R・プロジェクトの倉橋勝

初めまして。

喜劇団R・プロジェクトの倉橋勝です。

ボクがコメディをやろうと思ったきっかけはやっぱり、欽ちゃんとの出会い、ですねえ。

萩本欽一さん・・。ボクは「大将」って呼んでるんですけど。

まだ20代半ばで、演劇を始めたばかりのド素人のボクが、ご縁あって、萩本欽一作・演出の舞台に何度か出演させていただき、そこで初めて、笑いと出会いました。

最初は、ストレートプレイばっかりやっていました。シンプルな、ストレートな芝居が、最初は好きでした。

喜劇団R・プロジェクト

しかし、大将と出会い、笑いと出会い、大将に演出をつけていただき、大将に演技指導していただき、ボクはそこで、笑いに目覚めました。

そしてコメディをやろうと。シュールなコメディをやろうと。

決意しました。

それから独学で勉強し、イベントなどで活動し、脚本を書き、そして30代半ばにしてやっと、念願の喜劇団R・プロジェクトを立ち上げました。

・・・そんなわけで、今年で16年目になります・・・。